不登校生のための高校設立発起人会規約

 

(名称)

第1条  この会の名称は「不登校生のための高校設立発起人会」とする

 

(事務所)

第2条 この会の事務局を三重県松阪市嬉野町1430一志久居教育会館特定非営利活動法人チャレンジスクール三重内に置く。

 

(目的)

第3条 この会は、三重県内の不登校生等、自立に課題を抱える若者たちが、自らの未来に向かって生きていく力を育むことができる高等学校設置を目的とする。

 

(事業内容)

第4条 この会は、第3条の目的を達するために、以下の事業を行う。

(1)高等学校設置計画を作成し、三重県私学課に提出する

(2)高等学校設置認可申請書および学校法人設置認可申請書を作成し、三重県私学課に提出する。

(3)(1)および(2)に必要な準備作業をする。

(4)(2)により学校法人が認可されるまでの間、必要な財産を管理し、その他開校準備作業を行う。

2 この会は、一切の収益事業は行わない。

 

(会員)

第5条 この会の会員はこの会の趣旨に賛同し入会した者とする。

 

(入会)

第6条 会員として入会を希望するものは、入会申込書を代表に提出し、その承認を得るものとする。

 

(退会)

第6条 会員は、書面をもって退会届を提出して、任意に退会できる。但し、拠出した金品は原則として返還しない。

2 会員が死亡し、または団体が消滅した時は、退会したものとみなす。

 

(役員)

第7条 この会には、下記の役員を置く。

(1)代表1名、

(2)副代表1名

(3)監事1名

2 第1項に定める役員は、会員の互選により選出する。

3 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

 

(職務)

第8条 代表は、この会を代表し、その業務を統括する。

2 副代表は、代表を補佐し、これに事故があるとき、又は欠席の時は、その職務を代行する。

3 監事は、会の業務および財産の状況を監査する。

 

(解任)

第9条 役員が次の各号のいずれかに該当するときは、総会の議決により、これを解任することができる。

(1)心身の故障により、職務の執行に堪えられないと認められるとき。

(2)職務上の義務違反、その他役員としてふさわしくない行為があったとき。

 

(総会)

第10条 この会の総会は、会員を持って構成し、年に1回開催するものとする。ただし、必要があるときは臨時に開催できるものとする。

2 総会は、以下の事項について議決する。

(1)会則、事業等の変更

(2)解散

(3)事業報告及び収支予算

(4)役員の選任又は解任

(5)その他会の運営に関する重要事項

3 総会は、正会員の過半数の出席がなければ、開会することができない。

 

(議事録)

第11条 総会の議事については、議事録を作成する。

 

(役員会)

第12条 役員会は役員をもって構成する。ただし、監査役を除く。

2 役員会は、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない業務の執行に関し、議決する。

 

(事業報告書及び決算)

第12条 会長は、毎事業年度終了後2か月以内に事業報告書、収支計算書を作成し、監査を経て総会の承認を得なければならない。

 

(事業年度)

第13条 この会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

(事務局)

第14条 この会の事務を処理するため、事務局を置く。

 

(委任)

第15条 この会則に定めのない事項は、総会の議決を経て、会長が別に定める。

 

(変更)

第16条 この会則は、総会において、出席者の3分の2以上の承認がなければ変更できない。

 

(解散)

第17条 この会は総会の議決により解散する。

 

(残余財産の帰属)

第18条 この会が解散したときに残存する財産は、法11条第3項に揚げるもののうち、総会で議決した者に譲渡するものとする。

 

附則 この会則は、平成26年5月26日から施行する。

 

附則 この会の設立は平成26年5月26日とする。